タウンガイド | 地域情報コミュニティ

  街の情報満載・簡単検索・地域コミュニティ
 タウンガイド | タウンガイド情報満載


新潟県(にいがたけん)は、本州日本海側に位置する、日本の県の1つ。
県庁所在地は新潟市(政令指定都市)。

新潟
[ タウンガイド新潟 | タウンガイド長岡 | タウンガイド上越 | タウンガイド新発田 | タウンガイド三条 ]

地方

中部地方、北陸地方
甲信越地方

団体コード 15000-2
ISO 3166-2:JP JP-15
面積 12,583.72km2
※境界未定部分あり
総人口 2,372,617
(推計人口、2010年7月1日)
人口密度 189人/km2
隣接都道府県 山形県、福島県、群馬県
長野県、富山県
県の木 ユキツバキ
県の花 チューリップ
県の鳥 トキ
他のシンボル 県の草花: 雪割草
県の歌: 県民歌
県庁所在地 〒950-8570
新潟県新潟市中央区新光町4番地1

令制国では越後国と佐渡国の全域に相当する。古代には越国の領土で、五畿七道の北陸道のうち東半分を占めている。旧国名から越佐(えっさ)と表現することもある。

県章は「新」の字を崩した物を中央上に置いて、その周りを「ガタ」を丸く図案化したもので囲んだものである。また、県章とは別にシンボルマークも制定されている。参考

面積は広く、北と西に折れ曲がっており、山や峠が多く立ち並ぶ。地理的要素の違いから、上越地方、中越地方、下越地方、佐渡地方の4地域に大きく分けられている。

2007年4月1日、新潟市が政令指定都市に指定されたため、本州日本海側初の政令指定都市がある県となった。 また、47都道府県中一番上京率の高いのが同県でもある。

人口

1888年の統計では約166万人を擁し、日本一人口の多い道府県であった(→都道府県の人口一覧#1888年(明治21年)、[1])。この時期は、都市化が進んでおらず、日本人の9割近くが農業によって生活を成り立たせていたため、収穫高が大きい新潟県は人口涵養能力が高かった。国勢調査おいて[2]、1940年に200万人を突破し、1955年に247.3万人となったが1970年に236.1万人にまで減少した。その後増加し、1985年に247.8万人に達した。2005年の値は243.1万人で全国14位だったが、2008年6月1日の推計人口では約239.7万人と減少傾向にある。特に、進学や就職などの理由による18歳~24歳の若年層の減少が深刻で、県では人口対策を最重要課題に掲げている。


新潟県の成立

現在の新潟県は、日米修好通商条約によって開港場に指定された新潟を管内に抱え、また戊辰戦争の主戦場の1つになったことから、その成立までの変遷は他府県にもまして複雑なものだった。1870年(明治3年)の新潟県(第2次)成立までの変遷は「越後府」および「柏崎県」の項を参照のこと。

1870年4月7日(明治3年旧暦3月7日)、越後国のうち新潟を含む下越2郡(蒲原郡・岩船郡)内の政府直轄地を管轄していた水原県が廃止され、県庁が新潟に移されることで新潟県(第2次)が成立した。当時、現県域には新潟県のほか、上・中越5郡(頸城郡・刈羽郡・魚沼郡・三島郡・古志郡)内の政府直轄地を管轄する柏崎県、佐渡国全域を管轄する佐渡県、および県域内に藩庁を置く10藩によって分割支配されていた。さらに、蒲原郡のうち旧会津藩領の区域は若松県の管轄下に置かれていた。

1871年8月29日(明治4年旧暦7月14日)の廃藩置県を経て、同年12月31日(旧暦11月20日)に行われた府県再編で下越2郡の旧藩5県が新潟県と、上・中越5郡の旧藩4県(長岡藩は既に柏崎県に編入されていた)が柏崎県と合併して、それぞれ新潟県(第3次)、柏崎県(第3次)となり、また佐渡県は相川県と改称された。1873年(明治6年)に柏崎県が、1876年(明治9年)に相川県がそれぞれ廃止されて相次いで新潟県に合併されて、越佐両国を新潟県が統一して管轄することとなった。

1886年(明治19年)、若松県を経て福島県の管轄となっていた蒲原郡の一部(1878年(明治11年)から東蒲原郡)が新潟県に移管されたことにより、現在の新潟県の県域が確定した。

 


ローカルニュース
JAえちご上越とJAひすい 合併へ9月にも協議会 - 日本経済新聞
【JA人事】JA胎内市(新潟県)齋藤和信組合長を再任(4月23日) - 農業協同組合新聞
家族経営の限界から新たな可能性… ICT導入で見えてきた『キュウリ農家の未来』(BSN新潟放送) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース
[未来人材プラス]養蜂で園芸振興も 新潟市・橋元友哉さん - 日本農業新聞
初夏の味続々収穫 新潟、弥彦 - 読売新聞オンライン
新潟県下越南地域5つのJA合併と、県内最大規模となる「JA新潟かがやき」設立を県が認可 - にいがた経済新聞
間借り営業からスタートした「ごはんや湯気」の実店舗が西荻窪にオープン - Time Out Tokyo
新潟県柏崎市が市内のショップセンター「日本海フィッシャーマンズケープ」の一部を取得し、道の駅の再整備進める - にいがた経済新聞
【国際トータルファッション専門学校】インターナショナルアート&デザインコンペティション2022<ファッションデザイン部門>で6名全員が3位入賞 - PR TIMES
JR東日本、新幹線や特急など最大半額になる割引実施中 - Time Out Tokyo
MAN WITH A MISSION、本日5月26日配信のニュー・アルバム『Break and Cross the Walls Ⅱ』発売記念特番「99人の壁」にフォーリミのメンバーら豪華ゲスト参加。MCはダイスケはん(ホルモン) - TOWER RECORDS ONLINE - TOWER RECORDS ONLINE
下越南で合併のJA 名称は「新潟かがやき」 - 新潟日報デジタルプラス
中越地区4JA 23年合併へ協議会 - 新潟日報デジタルプラス
広域合併で「JAふじ伊豆」「JA新潟かがやき」誕生 全国551JAに - 農業協同組合新聞
【JA人事】JA新潟市(新潟県)石山徳行組合長を再任(4月23日) - 農業協同組合新聞
コシヒカリ仮渡し金500円増 - 新潟日報デジタルプラス
新潟市では“貴婦人”登場 3地点のSLが一斉に汽笛…鉄道開業150年記念して - ニッポンドットコム
新潟県下越地域の5JAが合併に向けた予備契約の調印式を実施 - にいがた経済新聞
【新潟】JA赤字危険度ランキング、19農協中11農協が赤字転落 - ダイヤモンド・オンライン
人材を活用 新潟を活力ある農業県に JA県中 伊藤会長が就任 - 47NEWS
[新潟・JA佐渡移動編集局]収穫したよ! 農業未経験6人「棚田ガールズ」 世界農業遺産「昇竜」の景観守る - 日本農業新聞
生姜醤油(しょうがじょうゆ)らーめん 新潟・JAにいがた南蒲 - 日本農業新聞
魚沼の4JA、24年合併へ今秋にも協議会 - 新潟日報デジタルプラス
[新潟・JA佐渡移動編集局]多様性はじける佐渡のコーラ 1700種が自生 豊かな野草・樹木でスパイス自給 - 日本農業新聞
Web動画「誇りを胸に、頑張る人へ。新潟県産コシヒカリ」公開!頑張る娘と父の姿がリンクする感動ストーリー。毎日食べるお米がつなぐ、家族の絆“お米の王様”コシヒカリの誕生背... - アットプレス(プレスリリース)
新米コシヒカリ 全国へ出荷本格化 - 新潟日報デジタルプラス
JA全農にいがた(新潟市西区)が田上町に新潟米広域集出荷施設を建設決定 - にいがた経済新聞
JA県中会長に伊藤氏 - 新潟日報デジタルプラス
言葉では語れない、新潟県オリジナルのいちご!産地直送通販サイト「JAタウン」で新潟県産いちご「越後姫」が販売開始! - PR TIMES
持続可能な農業実現へ取り組み - 新潟日報デジタルプラス



タウンガイドスマホ
[タウンガイドスマホ]
無料GPS電話帳MAP

携帯電話で見る
タウンガイドモバイル

お天気情報


格安コンタクトレンズ通販 | レンズワールド




 
運営会社 | 利用案内 | リンクについて | 広告掲載 | タウンマネージャー募集 | タウンオーナー募集 | 他のエリア |
タウンガイド | タウンガイド情報満載・簡単検索
Copyright タウンガイド 2009 All rights reserved.
当サイト内のすべての画像,記事、コンテンツの転用を禁じる。