タウンガイド | 地域情報コミュニティ

  街の情報満載・簡単検索・地域コミュニティ
 タウンガイド | タウンガイド情報満載


和歌山県(わかやまけん)は、日本の近畿地方の都道府県。県庁所在地は和歌山市。日本最大の半島である紀伊半島の西側に位置する。

地方 近畿地方
団体コード 30000-4
ISO 3166-2:JP JP-30
面積 4,726.29km2
※境界未定部分あり
総人口 999,834
(推計人口、2010年7月1日)
人口密度 212人/km2
隣接都道府県 大阪府、三重県、奈良県、
兵庫県、徳島県
県の木 ウバメガシ
県の花 ウメ
県の鳥 メジロ
他のシンボル 県の魚:マグロ
県の歌:和歌山県民歌(作曲:山田耕筰)
県庁所在地 〒640-8585
和歌山県和歌山市小松原通一丁目1番地

令制国では、紀伊半島の由来ともなった紀伊国の大半に当たる(一部は三重県となっている)。江戸時代は初期には浅野家、のちに御三家の紀州徳川家の領地(紀州藩)であった。附家老として田辺に安藤家、新宮に水野家を置いた。古くから「木の国」と謳われたほど山林が多く(中山間地域の比率が7割超)、紀伊水道や熊野灘を挟んで変化に富んだ海岸線が続く。また、このような深山幽谷の地形から高野山開基による仏教寺院や熊野三山などの神社信仰が発達しており、その一方で中世~近代にかけては紀ノ川沿岸を中心に全国から見ても大規模な都市が形成されていた。

和歌山市を中心とする県北部は阪神工業地帯に属し、沿岸部には製鉄所や石油製油所などの重化学工業が盛んであるが、太平洋ベルトから外れた立地条件の悪さや平地が少ないことと自然保護政策の一環で確保できる工業用地の貧弱さ、そしてそれによる機械工業の不振から大阪府や兵庫県の様な過密都市圏の工業と比べると生産額は至って少ない。その他、県全域で果樹栽培を中心とする農業が盛んで、特に県中部でのみかん栽培や御坊市を中心とする花卉栽培、田辺市を中心とする梅などの特産品があり、他に小規模であるものの水産業、林業が盛んで、各地でのブランド育成が進んでいる(詳細は下記経済の項を参照)。和歌山市では大阪圏などへのストロー現象が深刻で人口減少が続いている一方、岩出市、橋本市など諸都市のベッドタウンとして顕著な人口増を続けている都市も見られる。



地域

和歌山県(わかやまけん)は、日本の近畿地方の都道府県。県庁所在地は和歌山市。日本最大の半島である紀伊半島の西側に位置する。

和歌山県には以下の9市6郡20町1村がある。町の読み方はすべて「ちょう」。

紀伊国領の大部分を近代以降引き継ぐ和歌山県の地域区分には、紀北・紀南の二分法と紀北・紀中・紀南の三分法とのふたつが用いられる。紀北・紀南の二分法は、近世紀州藩における口六郡・両熊野という地域区分をほぼ引き継いだものである。

紀北とは紀州北部の略とされ、有田郡ないし日高郡以北を指す。それに対し、紀南とは狭義には西牟婁郡(田辺市を含む)および東牟婁郡(新宮市を含む)を指し、二分法を採る場合には日高郡以南とする。紀中とは、第二次世界大戦後に地域開発上の要請から生じた新しい概念で、紀北と紀南の境となる有田郡(有田市を含む)と日高郡(御坊市を含む)を指す。

しかし、こうした本来の用法があるとはいえ、これら一群の地域区分が何を指すのかが、今日ではただちに理解しにくい状況がある。例えば、紀南を指して「南紀」と呼ぶ場合がある。だが、南紀とは南海道紀伊国の略に由来して紀伊国全体を指す語であり、紀南は南紀に対し下位の概念である。こうした混同は、戦後の観光ブームのなかで、観光上の要請から和歌山県南部を表す観光用語として南紀が広められ、昭和40年代頃には南紀と紀南が同義語として用いられるようになったもので、和歌山に住む人々の間でさえしばしば紀南と南紀が混同されている。また、田辺市・西牟婁郡・東牟婁郡・新宮市を開催地として1999年(平成11年)に開催された南紀熊野体験博の会期中に、伊都郡・橋本市が「北紀高野」をうたって観光キャンペーンを行ったが、「北紀」という名称には歴史的に根拠がないものであることから、批判がなされた。

地理

隣接都道府県:大阪府 - 奈良県 - 三重県 - 兵庫県 - 徳島県
総面積は4726平方キロ、このうち山地が3832平方キロで、総面積の約81パーセントを占める。
紀伊山地は、中央に大峰山脈が南北には連なり、奈良県との県境を紀和山脈(陣ヶ峰:1106メートル、護摩壇山:1372メートル、安堵山:1184メートル)を経て果無山脈に続き、それから分かれて竜門・長峰・白馬・虎が峰などの山脈が北から南へ並行し、さらのその南に大塔山(1122メートル)を中心とする山塊が半島の南端近くまで迫っている。
JR西日本の紀勢本線(きのくに線)が海岸沿いを走り、和歌山線が紀の川沿いを東西に走る。紀勢本線にほぼ併走する形で、国道42号が紀伊半島を取り囲んでいる。
東牟婁郡北山村の全域と、新宮市のうち熊野川町玉置口・熊野川町嶋津が飛地で、三重県と奈良県にはさまれた場所にある。
潮岬は、本州の最南端に位置し、太平洋から瀬戸内海へと続く海に面する。中央構造線と並行する紀の川沿いの中規模な平野を除き、そのほとんどが山であり、道路・鉄道は海岸線に沿って走る部分が多い。
中部南部は奈良県、三重県へと繋がる山塊にあり、内陸に向けて標高は高くなる。
大きい河川は紀の川が平野を流れる以外、有田川、日高川、富田川、日置川、古座川、熊野川のいずれもが山間を非常に蛇行して流れ、険しいV字谷を形成する。地形は南の方がより急峻になっている。

 


ローカルニュース
ウェブで市場と情報交換 JA和歌山県農が青梅販売協議会開く:紀伊民報AGARA - 紀伊民報
今年は豊作を期待 和歌山県で梅の収穫始まる(紀伊民報) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース
農の歳時記:JA紀の里 ズッキーニ、ブランド宣伝 ハウス栽培、出荷最盛期 /和歌山 - 毎日新聞
大阪府 医療危機 和歌山県が「DMAT」派遣 - Nippon.com
不作で価格も低調 田辺・西牟婁の20年度産ミカン:紀伊民報AGARA - 紀伊民報
コスト削減が課題 スマート農業の実証結果まとめ:紀伊民報AGARA - 紀伊民報
お菓子男子コンテストでグランプリ JA紀南の岡﨑さん:紀伊民報AGARA - 紀伊民報
過去10年比で「多い」 日高の南高梅着果調査(紀伊民報) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース
【奈良・和歌山】JA赤字危険度ランキング2021、奈良単一農協は13億円の大減益 - ダイヤモンド・オンライン
母の日にいかが 印南の農園でカーネーション狩り:紀伊民報AGARA - 紀伊民報
“もったいない”野菜詰め合わせ 直売所ロス減へ拡大 通販「JAタウン」(日本農業新聞) - Yahoo!ニュース
写真で楽しむ関西の国立公園: 聖地を結ぶ山岳地帯や変化に富んだ海辺の絶景 - Nippon.com
新道の駅 高級果実前面 - 読売新聞
【速報】和歌山資産家死亡 元妻を逮捕 - Nippon.com
“もったいない”野菜詰め合わせ 直売所ロス減へ拡大 通販「JAタウン」 - 日本農業新聞
コロナ禍忘れる華やかさ 「母の日」向けにトルコギキョウ出荷:紀伊民報AGARA - 紀伊民報
『大きな農協』最良か 経済活動と使命の折り合いを 和歌山県JA紀南代表理事組合長 山本治夫【私の意見・提言JAへエール】 - 農業協同組合新聞
お母さんパンダ・良浜に特製プレゼント…「いつまでも元気でいて」 読売新聞 - MSN エンターテイメント
関西地区の今週末のサッカー大会・イベントまとめ【4月17日(土)・18日(日)】 - ジュニアサッカーニュース
4都府県 緊急事態宣言 大型連休集中的に 東京・大阪・京都・兵庫 25日~5月11日(日本農業新聞) - Yahoo!ニュース
コメリ 和歌山の紀の里農業協同組合と協業に向けて協議 JAとの取り組みは3例目 - ダイヤモンド・チェーンストア・オンライン
高野山真言宗の臨時宗会 宗務総長候補3人を決定、初の選挙戦か - MSN エンターテイメント
コメリ、JA商品の取り扱い 第3弾は和歌山県で - 日本経済新聞
【県連人事】JAグループ和歌山 4連共通会長に中家徹氏(JA紀南)(6月29日) - 農業協同組合新聞
【奈良・和歌山】JA赤字危険度ランキング、ワースト農協は17億円の減益 - ダイヤモンド・オンライン
収穫間近の梅に傷 みなべ町などでひょう被害(紀伊民報) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース
経産省/3月の大規模小売店68件、ヤマダデンキが茅ケ崎に1万平米超の大型店 - 流通ニュース
わかやま新報 » Blog Archive » 非接触体温計を寄贈 JA共済が県内390校に - わかやま新報オンラインニュース
直売所がネット通販 朝取り翌日配送 和歌山・JA紀の里 - 日本農業新聞
SNSの発信力実感 物流学ぶスマラさん 海外から対談依頼 和歌山・JA紀南直売所「紀菜柑」 - 日本農業新聞



タウンガイドスマホ
[タウンガイドスマホ]
無料GPS電話帳MAP

携帯電話で見る
タウンガイドモバイル

お天気情報


格安コンタクトレンズ通販 | レンズワールド




 
運営会社 | 利用案内 | リンクについて | 広告掲載 | タウンマネージャー募集 | タウンオーナー募集 | 他のエリア |
タウンガイド | タウンガイド情報満載・簡単検索
Copyright タウンガイド 2009 All rights reserved.
当サイト内のすべての画像,記事、コンテンツの転用を禁じる。